≪マスク作り≫

新型コロナウイルスの影響でお店からマスクが品薄になっていることを受け、苑では手芸活動で布マスクを作ることにしました。久しぶりのミシンに不安げなご利用者もいらっしゃいましたが、職員に教えてもらいながら一生懸命に製作しました。皆さん出来上がりにとても満足そうで職員も嬉しかったです。

≪明かりをつけましょ~、ぼんぼりに♪ ~季節の装飾作り&個人製作~≫

3月といえば「おひなさま」ということで、当苑でもおひなさまを1階のエレベーター前に飾りご利用者様に楽しんでいただきました。
活動でも3月にちなんだ装飾作りと個人製を行いました。フロアーの装飾作りでは吊るし雛風におひなさまや菱餅のイラストや折り紙で作った鶯や花を紐に吊るし仕上げました。また、個人製作では紙皿にかわいいおひなさまを貼り壁掛け風の作品に仕上げました。作業しながら自然とおひなさまの歌を唄い賑やかな時間になりました

≪鬼は外!福は内! ~季節の装飾作り&子どもたちと豆まき~≫

2月といえば「節分」。鬼の切り絵をちりばめた可愛らしい鬼と、迫力ある鬼の2種類を装飾にしました。小さいサイズの鬼を作る際は「小さいから切りづらい」と言葉がありましたが、いざ作業を始めると集中し、きれいに枠に沿って切って仕上げ完成しました。
また、2月3日は節分ということで、なでしこ保育園の子どもたちが鬼のお面をかぶって登場!その後ろから赤鬼・青鬼も登場し「鬼は外!福は内!」と一緒に豆まき(節分豆でなく落花生をしようしましたが)をしました。子どもたちの元気な声に賑やかな時間となりました。

≪ボランティアに支えられています②≫

江戸川光照苑では、多くのボランティアさんたちに支えられ、様々な活動を行うことが出来ています。
今回は主にご利用者の生活に密着したボランティアさんを、一部ではありますがご紹介したいと思います。
デイサービスで活動の補助を担当してくださるボランティア様には、主にご利用者の作品作りのお手伝いお願いしています。またご利用者のお話し相手にもなっていただけますが、職員の相談にも乗ってくれる頼もしい存在です。黄色のストラップがボランティアのしるしです。
お茶出しや車椅子介助をして下さるボランティア様は、いつも穏やかな表情で男性利用者の話し相手に耳を傾けてくれています。
特養でシーツ交換を手伝ってくれるボランティア様は、いつも元気で明るくテキパキとご利用者のシーツを交換してくれます。
その他にもたくさんのボランティア様に来て頂き、入浴後の整容や活動の手伝い、お話し相手などを通じてご利用者に寄り添って頂いています。
ご利用者の気持ちが豊かになり明日への活力となります。
いつも本当にありがとうございます。この場をお借りして改めて感謝いたします。

≪ボランティアに支えられています①≫

光照苑では多くのボランティアに支えられて活動をすることが出来ています。
今回は主に演芸を披露して下さるボランティアを紹介したいと思います。
黄色の法被で南京玉すだれや切り絵、お手製のマスカラを使用した踊りなど多種多様の芸をお持ちのM.M.グループ様。
津軽じょんがら節やドンパン節など、日本の伝統音楽に触れる三味線迫力ある演奏を見せて下さる三味線若葉会様。
長年の稽古を重ね、地元の神社や大きなお祭りで活躍し大人の魅力たっぷりの江戸芸かっぽれ様。
その他にもたくさんの方々にお越しいただき、様々なジャンルの演芸を観覧させて頂いています。
ご利用者の気持ちが豊かになり明日への活力となります。
本当にありがとうございます。

≪初詣に行ってきました≫

「明けましておめでとうございます、本年もどうぞよろしくお願いします」
今年も葛飾区にあります葛西神社へ初詣に行ってきました。
初めて行かれる方も多く、家族、自分の健康と良き年となりますよう心をこめお願いしてきました。
神社近くに、寅さんで有名な柴又帝釈天もあり懐かしい景色と街並みを見ながら会話も弾み車中も賑やかでした。