いつの間にか新緑の頃になりました。吹く風もさわやかです。あの2~3月の寒くてしょうがなかった頃が懐かしい感じです。この暑くもなく寒くもない時期がいいですね。もちろん少し寒かったり、時期外れに暑かったりする日もありますが。季節の変わり目でもあり、花粉が飛びかっていて花粉症の方には辛い時期とも聞きます。健康管理は各々油断なくしていきましょう。
様々な花が咲きそろう時期です。またその花にミツバチが飛び交う時期になっていきます。新しい新鮮なはちみつが作られる時期です。個人的にはちみつを食べる習慣がないのでよく知りませんでしたが、ミツバチが採取した花の種類によって、れんげ、菜種、ニセアカシア、みかん、りんご、クローバーなど様々なはちみつがあるそうです。花の種類によって色や香り、味が違うとのことです。はちみつは100%純粋の天然はちみつと60%以上の天然はちみつに水あめやブドウ糖を混ぜた加糖はちみつがあります。はちみつはミツバチが巣の中で酵素などで加工してはちみつになる為、花の蜜を単純にたくさん集めてもはちみつにはならないそうです。糖分はブドウ糖と果糖が80%を占める為消化吸収がいいです。ビタミンB1、B2、B6、ミネラルは鉄、カルシウム、マンガンなどを多めに含んでいます。人類最古の甘味料といわれ世界中で古くから食べられています。
ちなみに紅茶にはちみつを入れるのは紅茶のタンニンとはちみつの鉄分が結びつき沈殿してしまうので鉄分が吸収できなくなってしまうそうです。
最近、乳幼児のはちみつによるボツリヌス食中毒が報道されました。以前から1歳未満の乳幼児にはちみつは食べさせてはいけないと言われてきましたが、近年はその事例がなかった為徹底できていなかったのかもしれません。1歳未満の乳幼児は腸内細菌叢(腸内フローラ)の仕組みができる前なのでボツリヌス菌の芽胞が排泄されずに育ってしまい毒素を出してしまった様です。はちみつが危険というより受け入れられない期間があるということをきちんと知っていかなければなりません。
それではまた次回よろしくお願い致します。