今年は8月後半から涼しくなりとても過ごしやすく、夜も気持ちよく寝られます。唯、雨が多く、霧雨が多いですね。大粒の雨よりまんべんなく濡れてしまいます。またジトジトしていて、洗濯物も乾かず、湿気が多いので疲れてしまいます。一方が良ければ別の方が上手くいかない。何でもかんでも全てが良くなることはない様です。
とにかく自分自身の健康管理だけは自分で整えていくしかありません。
最近、友人から「花咲ガニ」をもらったので食べようと誘われ、遠慮なく頂きました。美味しかったです。カニの美味しい時期は冬という印象がありますが、花咲ガニは夏の終わり秋の初めからが旬とのことで、まさに今でした。
ヤドカリの仲間なので、タラバガニと同じくハサミと足合わせて片方に4本ずつついています。カニは5本ずつですね。花咲の名前の由来は①北海道根室に花咲という地名がありその名前がついた。②茹でると花が咲いたように真っ赤なきれいな色になるのでとの説がある様です。主に北海道の先オホーツク海で獲れます。花咲ガニはこの花が咲いた様な棘が特長で、包丁で切りこみを入れて食べやすくしてくれた友人も手のひらや指を切ってしまいました。花咲ガニを調理する時は素手は厳禁、食べる時も殻にかぶりつきは厳禁となっています。くれぐれもケガをしない様に食べたいものです。栄養は取り立ててありませんが、カルシウム、ビタミンE、そしてタウリンというアミノ酸が多いです。タウリンは肝臓の機能を助けてくれることで有名です。疲労回復効果があります。
花咲ガニは他のカニと違い油分が多く味が濃厚とのこと。確かに食べた時はそれほど大量に食べていないのにかなり満腹になりました。しかし今回反省したのは、かなり満腹になってしまったことです。腹八分目で満足する習慣を身に付けなければと思いました。また余談にはなりますが、日本酒と一緒に食べましたが、日本酒とカニは合いますね。くれぐれも食べ過ぎには注意しましょう。
それではまた次回よろしくお願い致します。