本年最初となりました。何卒よろしくお願い致します。楽しみにしていた正月気分はあっという間に過ぎてしまいました。つい飲み過ぎ食べ過ぎになってしまう年末年始です。健康管理をなお一層心がけていきたいと思います。またインフルエンザが現在流行とのこと。空気の乾燥がかなり強くなっています。そして今年は日本海側や北の方は大雪になっているとのこと。昨年の様に東京は積雪なしで過ごせたらと願います。また寒さからか風邪をひいている方、喉を傷めている方が多い様に思います。マスクや湿度管理など工夫して予防していきましょう。
正月の松飾などは7日に外して小正月で燃やして、その炎でもちを焼いて食べると1年間健康でいられるなどと子供の頃聞いたことがあります。鏡もちも7日に下げたり11日迄置いて、おしるこにして食べたりします。11日は鏡開きですね。当苑でもおやつはおしるこにしています。餅や白玉を入れるとかなり警戒しなければならない為、つぶあんの汁に極小5㎜位のやわらか白玉を入れて提供しています。
しることぜんざいは似ていてどこがどう違うのかはっきりしません。色々なとらえ方があるようで、①関東ではしるこ、関西ではぜんざい ②こしあんで作るのがおしるこ、つぶあんがぜんざい ③汁気が多いのがしるこ、汁気が少なくあんこが多いのがぜんざい等様々ある様です。
しるこは江戸時代中期~末期で食べられる様になったとのこと。こしあんを用いたものを「御膳汁粉」、つぶあんを用いたものを「田舎汁粉」というそうです。
他に砂糖を入れないであずきを塩だけで煮たもの、冷して食べる冷やし汁粉、もなかの皮に入った即席汁粉の懐中汁粉、沖縄のしるこは小豆味のかき氷の様なもの等々あります。
疲れた時には甘いもの、冷えた体と心には温かいおしるこが幸せにしてくれる時があります。
それではまた来月よろしくお願い致します。