今年は暖かになるのが早いです。桜はソメイヨシノはもう散ってしまい葉桜になってしまいました。今は八重桜がきれいな見頃ですね。そして花粉症の時期でもあり、鼻声の方をよく見かけます。また暖かくなったと思ったら冷えてくるなど気温差もあり風邪気味の方も見かけます。健康には十分注意しましょう。とにかく油断は禁物、規則正しい生活を心がけていきたいものです。
春の香りの山菜はこの時期限定ですから機会があれば様々味わっていきたいものです。子供の頃はフキノトウなどは食べる気がしなく、田舎では食べている人はいませんでした。最近食べましたが苦味に春を感じました。
「のびる」は英語ではred garlic、漢字では野蒜です。ネギ、ニンニク、ニラと同じユリ科です。全国の土手や田の近くに自生するとあります。確かに田んぼや土手など比較的に土の軟らかい所に生えている印象があります。
生のまま、てんぷら、汁の実、煮びたし、ゆでておひたし、和え物などとあります。私はゆでて酢みそで食べる以外の食べ方をしたことがありません。今年は生やてんぷらにして食べてみようと思います。
煎じて飲むと補血、安眠によい、すりおろしたものは虫刺され、打撲傷に効果があるとされています。
根の方のラッキョウ状の白い部分は鱗茎といい、小さいものから大きいものもありますが、小さいものは年々大きくなっていくそうなのでなるべく大きいものを掘り出した方がよいです。
それではまた来月よろしくお願い致します。