一度完全に初夏になったという日がありましたが、その後寒くなりました。5月に入り温かさが増してきている様に思います。「平成」から「令和」になりました。身近で特に大きな変化はなく、あったとしても平成の頃にあったものと同じ空気が流れている感じです。しかし、節目節目で振り返り未来に生かしていくことは大事ではないかと思います。
今回は健康長寿のための12か条の2お口の健康について。サブタイトルが、口の健康を守り、かむ力を維持しよう!となっています。目標は「さきいか、たくあんがたべられる」です。さきいか、たくあんは歯が弱いと食べられません。大分以前当苑ご利用者で噛み合う歯がなくて通常の食事はキザミ食だったのに、たくあんだけは食べられるという方がいらっしゃいました。好きなものは歯がなくても食べられる、ということだと思います。また昭和中頃迄は口腔衛生があまり知られていなかったので歯のない高齢者がかなり多く歯茎で何でも食べられていたと、お聞きしました。さきいか、たくあんを無理して食べ続けよう!ということではなく、安易にやわらかいもの、食べやすいものに偏らない様にしましょう、ということです。現在の歯医者さんは高齢者の口の健康にかなり熱心に対応して頂けます。虫歯以外に、義歯が合わない、噛み合わせが悪い、歯がグラつく、飲み込み辛い、何もなくても定期的に口腔内を診てもらう等、お口の健康を専門家に診て頂く方法もあります。虫歯はないのに歯周病などで歯を失うケースもあります。現在は歯槽膿漏予防の歯みがきも各種出ています。そして、歯は抜けたままにしないで、義歯などで補おう!とあります。歯は噛む以外に噛んだものをまとめたり、喉に送り込む際の舌との動きが大事です。義歯であってもきちんと装着して食べる様にしましょう。
好きなものを噛んで食べられる事に感謝しながら、少しでも長く維持できる様に色々工夫や挑戦をしていきたいと思います。
それではまた来月よろしくお願い致します。