長い梅雨の後に一気に真夏の厳しい暑さが続いています。あの梅雨時期の涼しさはどこにいったのか?今となってはあの涼しさが懐かしい気がします。いずれにしても熱中症など体調不良にならない様に様々な工夫やお互いの声掛けが大事だと思います。エアコンが欠かせない日々ですが40~50年前はエアコンがこれ程普及していなかったと思います、その時はどうしていたのだろう?と思います。今ほど暑くなかったのか?確かに今は温暖化が言われる様になっていて、最高気温を記録している地方が一定でなくなっています。また同じ日なのに沖縄より北海道のある地方の方が気温が高い場合など、40~50年前には想像しなかった事になっている様な気がします。
「あいなめ」という魚は旬が春から夏となっています。子供の頃、釣りで小さいものが時々釣れた事を思い出します。魚がよく釣れるのは秋の稲刈りが終わった頃でした。ちなみに私の田舎では、「あいなめ」は「あぶらめ」といいます。30~40㎝位が普通といわれますが、子供が磯釣りで上げていたのは15~20㎝位だったと思います。皮の色は茶褐色、多分海藻や岩の色に合わせていると思います。岩と海藻のあるところで釣れていました。焼いたり唐揚げで食べていた様に思います、少し焼いたものを干して乾燥してから煮て食べるとうま味が出てきて美味しくなります。白身の淡白な魚です。大きなものは刺身で食べられるとのことですが、私は刺身では食べたことがないです。日常ではなかなか見かけないですが、機会がありましたら食べて頂きたいと思います。
それではまた来月よろしくお願い致します。