本年も何卒よろしくお願い致します。あっと言う間に年末になり、あっと言う間に正月も過ぎ去っていく感じです。寒さや乾燥はこれから本番になるのでしょうが、いつもの冬より寒くない感じがします。しかし、インフルエンザがあちらこちらで聞かれますので、健康管理や手洗いなどには十分注意していきたいと思います。
今月の昼メニューにおでんが入っています、温かいものが美味しい季節です。おでんには、からしをつけて食べることがあります。ホットドッグ、シュウマイ、肉まん、ゆでウインナー、焼きフランクフルト、納豆、豚カツ、冷やし中華などにつけますね。からしを付けて食べるものはやはり、からしの方がよく、わさびでは全くダメではないけど、からしの方が落ち着きます。この微妙な違いは何でしょうか?合う合わないは習慣や思い込みもある様な気がします。
からしはからし菜の種から作られているんですね。からし菜は子供の頃食べていました。生では辛くないけどゆでると辛みがあった様な気がします。お浸しの様にして食べていたと思います。からし菜の原産地は中央アジアとのことです。平安時代には食べられていた様です。からしはシニグリンという成分が酵素によりからし油に変化して辛みが出るそうです。体への働きとして、消化促進、食欲増進、抗酸化作用、新陳代謝促進、殺菌効果、防腐効果などです。からし粉から作る場合は水ではなく40℃位のぬるま湯の方が酵素が活性化する為に辛みも増すそうです。ツーんと来る辛さは激しいですが、その場限りのさわやかさがいいと思います。人生にも多少の刺激は必要ではないでしょうか。
それではまた来月よろしくお願い致します。