本年も何卒よろしくお願い致します。
毎年のことですが、アッという間に年末年始が過ぎ去っている感じがします。松飾なども年々縮小するかなくなっている様に思いますが、そういうものではないかなと感じています。
昨日1/7は七草で、当苑では朝食に七草粥を提供しました。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろですね。調べましたら、なずな=ぺんぺん草、ごぎょう=ははこぐさ、はこべら=はこべ、ほとけのざ=たびらこ、すずな=かぶ、すずしろ=だいこん、と別名がありました。胃腸もその他の体も精神的にも正月気分をここで一新し、新年の日常に戻すという意味でも七草粥やミネラル豊富な野菜を摂り入れる食事は良いことだと思います。
当苑の通常の献立に、冷凍ものではありますが、畑菜(はたけな)、しろな、があります。畑菜はアブラナ科の青菜、しろなは結球しない白菜の仲間とのことでした。いずれも1年中ある様ですが、時期的には春の青菜になると思います。主に汁物の具、和え物にすることが多いです。山菜や春の青菜や七草の苦みやえぐみはミネラルで、知られている通り、季節を感じる程度に程よく摂るのが良い様です。
緊急事態宣言が出されましたが、自分の身は自分で守り、他人に迷惑をかけないを心がけていきたいと思っています。
それではまた来週よろしくお願い致します。